Mobileye(モービルアイ)の5種類の警報



前方車両衝突警報
Mobileye Forward Collision Warning

前方の車両やオートバイをモニターし、相対速度、相対加速度などから約2.7秒以内に衝突する危険性があると判断した場合に、「ピーピーピーピー!」というけたたましい警報音と赤いアイコン表示で警告します。ドライバーは追突の回避に十分な時間を確保することができます。



前方車両衝突警報


前方車間距離警報
Mobileye Headway Monitoring & Warning

前方車両までの距離を自車の秒速で割った、“車間秒数”(そのままの車速で走り続けた時に前方の車両がいた地点へ到達する秒数)をリアルタイムでアイコン表示します。事前に設定した秒数よりも車間距離が短くなると、「ピーン」という警報音とアイコン表示によってドライバーに注意を促します。



前方車間距離警報


歩行者衝突警報
Mobileye Pedestrian Collision Warning

特許を取得したMobileye独自のテクノロジーによって、昼のあいだ歩行者や自転車を識別します約2秒以内に衝突する危険性があると判断した場合に、「ピー、ピー」という警報音とアイコン表示で危険を知らせます。


歩行者警報

車線逸脱警報
Mobileye Lane Departure Warning

時速55Km以上で走行中、ウインカーを出さずに車線をそれた場合に、「ルルルルル」という警報音と白線上のアイコン表示で警告します。高速道路などでの、「脇見運転などの不注意」や「居眠り運転など意識レベルの低下」を警告。主にガードレールや路肩への接触や横転事故を防ぎます。



車線逸脱警報


低速時前方車両衝突警報
Mobileye Urban Forward Collision Warning

渋滞時や信号待ちの際のAT車のクリープ現象*や傾斜地でのブレーキ踏力の緩みによる前方車両への追突事故を防ぎます。あらかじめ設定した仮想バンパー範囲内に入ると「ピッピッ、ピッピッ」という警報音を発します。
*エンジンがアイドリングの状態のときにアクセルペダルを踏まなくても車両が動く現象 

 
低速時前方車両衝突警報




動画もご用意しております。興味のある方は下記リンクからご覧下さいませ。