モービルアイが先進運転支援システム(ADAS)の後付製品として 世界で唯一、欧州安全基準に適合

  • 欧州安全統一規格のUN-ECE協定規則130号「車線逸脱警報装置」に適合
  • 先進運転支援システム(ADAS)の後付製品では、世界で初めて性能試験にクリア
  • 国内の貸切、高速バス事業社の多くに導入実績あり(全体の10%にあたる約4,400台に装着)

 ジャパン・トゥエンティワン株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:加藤充、略称J21)がマスターディストリビューターとして販売しているモービルアイ社(本社:イスラエル)の後付け衝突防止補助システム「モービルアイ」が、自動車の国際安全基準であるUN-ECE協定規則130号「車線逸脱警報装置」※1に、先進運転支援システム(ADAS)の後付製品としては世界で初めて認証試験をクリアしました。
これにより自動車メーカーが製造ラインで搭載する同種の装置と同等の性能であることが証明されました。

 さらに、モービルアイ社およびJ21では、「前方車両衝突警報装置」についても基準取得を計画しています。この基準についてはECE基準にもまだ制定がないため、前方車両衝突警報としての基準であるISO規格※3の取得を次なる目標としています。

 J21では2011年の発売以来、モービルアイ社の単眼カメラを搭載した後付け衝突防止補助システムをバス、トラックなどの運輸・運送事業者、大口の社用車ユーザーを中心に約5万台を出荷してきました。貸切、高速バス事業社においては、全体の10%にあたる約4,400台に導入されています※4。全ての商用車・社用車ユーザーの衝突事故を減らすことができるよう、これからも注力してまいります。


本件についての詳細は以下よりPDFファイルをダウンロードしてご確認ください。
モービルアイが先進運転支援システム(ADAS)の後付製品として 世界で唯一、欧州安全基準に適合(PDFダウンロード)