press_mobileye5

 2013315

報道関係各位

アイモバイル株式会社

http://www.imobile.bz/

スマートフォンと連携し更なる事故防止へ

歩行者、クルマ、二輪車、車線を検知し事故を未然に警告

Mobileye衝突防止補助システム「Mobileye-560」発表 

Mobileye衝突防止補助システムが国内出荷1万台達成

              ※「Mobileye-560」は6月より法人・個人向けに販売を開始する予定です。

            取り付け可能な車種を弊社ホームページにて随時お知らせしていきます。

                       
             

  
                



 アイモバイル株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:加藤充)は、フロントウィンドウに取り付けたカメラの映像から歩行者、クルマ、二輪車、車線を検知し、事故を未然に防ぐために警告を発する「Mobileye(モービルアイ)衝突防止補助システム」に、Bluetoothを使用してスマートフォンへの警告表示、警告の履歴管理ができるMobileye-560を新たなラインアップとして新発売いたします。希望小売価格は131,250円(税込、取付費別途要)、20136月より出荷を開始いたします。また、201112月より日本国内で販売を開始した「Mobileye(モービルアイ)衝突防止補助システム」は、国内出荷台数が10,000台を達成いたしました。

■スマートフォンと連携し更なる事故防止へ

Mobileye-560は、現行のC2-270で提供している前方車両との衝突を警告する前方車両衝突警報、歩行者と接触の可能性を警告する歩行者衝突警報、ウィンカーを出さずに車線をそれると警告する車線逸脱警報、前方車両との車間距離が設定値より近づくと警告する前方車間距離警報などの警報機能はそのままに、新たにBluetoothを用いたスマートフォンとの連携機能を搭載いたしました。

Mobileye社が無償提供するiOS用、Android用アプリケーションをスマートフォンにインストールすることで、スマートフォンのディスプレイにアイウォッチ(警告表示)ユニットと同様な警告を表示することができます。さらに、スマートフォンとペアリングしている間に発生したMobileyeの各種警報のログをスマートフォンに蓄積し、日・週・月ごとの統計情報を確認することが可能となり、統計手法による事故防止に役立てることができます。

Mobileye-560の概要

製品名:                       Mobileye衝突防止補助システム

型番:                         Mobileye-560

発売予定日       2013年6月1日

販売・取付地域:            全国

 

Mobileye衝突防止補助システムが国内出荷10,000台を達成

 アイモバイル株式会社は20117月に設立し、201112月から「Mobileye衝突防止補助システム」の出荷を開始。20133月までの13ケ月で国内出荷台数10,000台を達成いたしました。

10,000台の出荷台数のうち約98%が法人様向けで、トラック運送会社様、バス運行会社様、レンタカー事業者様、カーリース会社様とそのお客様である医薬系販売会社様や電気・IT系のサポート会社様などにご採用頂いております。

Mobileye衝突防止補助システム」の今後の展開として、カーナビゲーションのディスプレイへの警報の表示、Mobileyeの警報をトリガーにドライブレコーダーの記録を開始、運送業者などの運行管理システム「Fleet Management System (FMS)」にMobileyeの警報を追加しヒヤリハットのデータ化など、各種車載端末メーカーやスマートフォン、タブレット等の情報端末メーカーとの連携を進めて参ります。

Mobileye(モービルアイ)衝突防止補助システムとは

 クルマの安全に対する取り組みは、エアバッグ、安全ボディといった事故が起きたときの安全から、国内外のクルマで搭載が始まった衝突回避、軽減装置へと進み事故を起こさない安全、いわゆるぶつからないクルマへと向かっています。

 オランダMobileye社が開発したEyeQ2画像処理半導体はフロントウィンドウに取り付けたカメラの映像から歩行者、クルマ、二輪車、車線を検知し、検知したものと自車の車速などの情報から、衝突などの危険を察知することが可能です。

EyeQ2画像処理半導体はBMW、ボルボ、フォード、GM、オペル、シトロエン、ヒュンダイなど多くの自動車メーカーが採用し、EyeQ2画像処理半導体を組み込んだ衝突回避・軽減装置を搭載した市販車も数多く販売されています。国内の自動車メーカーでも2012年よりEyeQ2画像処理半導体を搭載した市販車が販売されています。

EyeQ2画像処理半導体を搭載し、現在稼働中のクルマに取り付けができるアフターマーケット用に製品化されたのが「Mobileye衝突防止補助システム」です。「Mobileye衝突防止補助システム」は世界50カ国で販売されていて、米国の冷蔵・冷凍用トラック輸送大手のCR.England社、ヨーロッパ28カ国で事業展開する世界2位のコカ・コーラ販社Coca-cola Hellenic社、南米最大のバス会社Transmilenioなど多くの輸送機関で採用されています。

 実際に「Mobileye衝突防止補助システム」を導入した企業の導入後の実績を見ると、事故件数の減少はもちろん、発生した事故の規模も小さくなっています。「Mobileye衝突防止補助システム」の導入により、多くの車両を保有する企業では、事故損害額の減少、燃費の向上などのコスト面でのメリットも期待できます。

 「Mobileye衝突防止補助システム」は、映像を取り込むカメラユニット、警報を表示するディスプレイユニット、クルマのCANデータなどを取り込みシステム全体の制御を行うコントロールユニットで構成されています。取り込んだ映像から歩行者、クルマ、二輪車、車線を検知することが可能です。

 認識した情報と車速などの運転情報から計算を行い、前方車両との衝突を警告する前方車両衝突警報、歩行者と接触の可能性を警告する歩行者衝突警報、ウィンカーを出さすに車線をそれると警告する車線逸脱警報、前方車両との車間距離が設定値より近づくと警告する前方車間距離警報などの警報音でドライバーに危険を知らせ、事故を未然に防ぎます。

          
 自動車メーカーでEyeQ2画像処理半導体を製造時に搭載した車両は、危険回避のためにブレーキを作動させたりすることができますが、アフターマーケット用に製品化されたMobileye衝突防止補助システム」は警報を発するにとどまります。しかし、事故はほんの数秒前に認識できれば回避、あるいは軽減することは可能です。
Mobileye衝突防止補助システムの解説動画




http://www.youtube.com/watch?v=KHZTuwZOUhE 

■製品に対するお問い合せ先

ユーザー様

アイモバイル株式会社
東京都渋谷区恵比寿西1-26-7
TEL
03-5456-8520

Email : info@imobile.bz

報道関係者様

アイピーアール 奥川浩彦

名古屋市瑞穂区神穂町5-33-407

TEL090-4194-8506